岡村 祐一

23659457_1563321700454794_7277789149319643986_n
プロフィール
S&S Dialogue代表。8年間ファシリテーションの研究と実践、メンタルヘルスの研修や講座の活動をしている。行動科学に基づくエビデンスベースのヘルスケアを専門としており、心理カウンセリングをはじめ、健康教育の研究と実践をしている。現在、年間100回以上のファシリテートやワークショップ、研修を提供している。2011年より個人事業主として働く。研究者兼実践家でありたいと強く思っており、これまでの科学性・現場の声を大切に、研修をしております。福岡県北九州市出身。久留米大学大学院心理学研究科修了。現在は筑波大学大学院人間総合科学研究科在籍。
経歴
・2015年3月 久留米大学文学部心理学科卒業
・2015年4月 学校法人滋慶文化学園福岡医健専門学校(歯科衛生士科および作業療法科「心理学」「臨床心理学」)非常勤講師
・2015年8月 久留米市教育委員会不登校児童生徒訪問事業 訪問指導員
・2016年9月 学校法人同志舎リハビリテーションカレッジ島根(言語聴覚士科「学習・認知心理学」「心理測定法」)
・2017年3月 久留米大学大学院心理学研究科臨床心理学専攻修了
・2018年3月 一身上の都合により久留米大学大学院心理学研究科心理学専攻中退
・2018年4月 筑波大学大学院人間総合科学研究科ヒューマン・ケア科学専攻 入学
・2018年4月 Sync of DialogueおよびGRASS心理教育相談室を併合し、S&S Dialogueを設立
・2018年6月 筑波大学体育系非常勤研究員に任命
研修ジャンル
コミュニケーション、プレゼンテーション、リーダーシップ、ファシリテーション、モチベーションアップ、問題解決、メンタルヘルス、チームビルディング、コーチング、キャリアデザイン、組織活性化、対人能力、マネジメント、目標管理、医療関係
主な実績企業
・学校法人滋慶文化学園福岡医健専門学校 ・学校法人同志舎リハビリテーションカレッジ島根 ・ベンチャー企業、中小企業
PR
仕事で大切にしていることは、「人と場を暖かく、安心感を生み出すことで対話をよりよいものにする」ことです。研修は知識伝授+参加型のスタイルで行います。新しい視点を知ることで、率直に感じたことや疑問に思ったことをベースとして、参加者同士で共有することで、多くの視点や立場を知ることができます。一日で終わる研修ではなく、今後の個人の成長や仕事につながる研修を提供いたします。
主な著書
・国会議員「IT活用度」ランキング(日経ビジネス)共著
・いよいよ始動! ネット選挙の「読み方」(日経ビジネス)共著
・各種、心理学・健康領域の論文は以下の通り。https://researchmap.jp/yuuichi_okamura/
メディア出演歴
・NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」反響・ゼミ編

この講師についてのお問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせは03-6231-1995まで

※こちらは、講師への直通の連絡先ではございません。ご注意ください。